素材や季節などの種類を考慮して選ぶ米寿ギフト

最近では平均寿命が飛躍的に伸びていますが、88歳まで長生きすることは大変なことですから、家族が盛大なお祝いをする風習が根付いています。米寿ギフトは伝統的な慣習を踏襲しながらも、現代的な好みにも適応することで、多彩な種類から選べる仕組みになっています。

米寿は米のお祝いと呼ばれることから、米寿にギフトとして日本酒を贈ることもおすすめです。日本酒は酒米と麹を原料にする形で、糖化とアルコール発酵を同時に進めて作られるもので、造りが良好であれば長期の保存にも耐えることができます。熟成させた古酒は、長い歴史を感じさせる米寿ギフトとしても価値があります。

日本的な伝統工芸品を選ぶ場合には、お茶に関連する商品を選んでみるのも賢い方法です。お年寄りが集まってお茶会を開けば、普段のストレスも忘れて楽しい会話が弾むことになるはずです。このようなお茶会に使う道具としては、湯呑み茶碗を名入れにして贈ることができます。
好みのデザインや絵柄に合わせて、名入れと一緒に感謝の言葉を絵付けにして刻むことで、感謝の気持ちをさりげなく表現できます。茶碗については市販品を使うだけでなく、陶芸教室などに通って自作する方法もあります。手作りの場合には造形が不揃いになることもありますが、米寿ギフトに必要な感謝の気持ちを込める場合には最適です。これは90歳の卒寿のお祝いにもいえることでしょう。

寒さが気になる時期に米寿ギフトを贈るときには、温かみのある室内着を選ぶことができます。ダウンなどの生地が入ったベストを選ぶと、絶妙な軽さであっても温かさが抜群になり、お年寄りの心を満足させることができるのです。逆に夏場の蒸し暑い時期に選ぶ際には、清涼感のある室内着を選べば、心から喜んでもらえるはずです。

季節感を演出できる米寿ギフトには、花を使った製品が多いことが特徴です。プリザーブドフラワーは鮮やかな色彩を長く留めることができるために、米寿ギフトの品物としてもふさわしいものです。花束などを贈る場合には、誕生花の種類から選ぶこともおすすめできます。

↑ PAGE TOP